SCORE CARDBACK NUMBER

ビッグネームを次々に撃破。
桃田が目指す新たな領域とは。
~バドミントンの世界の頂点に手をかけて~

posted2018/10/08 06:00

 
ビッグネームを次々に撃破。桃田が目指す新たな領域とは。~バドミントンの世界の頂点に手をかけて~<Number Web> photograph by AFLO

決勝後、淡々とプレーした世界選手権とは違い「今日は勝ちが見えてきたくらいで手が震えた」と口にした桃田。

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

AFLO

 バドミントンのダイハツ・ヨネックスジャパンオープンが9月11日から16日まで、'20年東京五輪の会場となる東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、男子シングルスで世界ランク4位の桃田賢斗(NTT東日本)が初優勝を飾った。'16年4月に発覚した違法賭博の謹慎処分により、3年ぶりの出場。準々決勝で北京、ロンドン五輪金メダルの林丹(中国)、準決勝で世界ランク1位のビクター・アクセルセン(デンマーク)にストレート勝ちすると、決勝では同い年のタイの選手に圧勝した。

 2年ぶりに日本代表に返り咲いた今年は、4月のアジア選手権で初優勝し、7月末に開幕した世界選手権ではとうとう初の頂点に立った。ただ、こういった成績もさることながら、注目すべきはビッグネームをことごとくなぎ倒してきたことだ。4月から9月までの半年間に、リオ五輪金メダリストの諶龍(中国)や現在の中国のエース石宇奇、さらにはレジェンドのリー・チョンウェイ(マレーシア)を撃破してきた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 469文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

V3から日本一へ カープの花道。

Sports Graphic Number 962

V3から日本一へ カープの花道。

 

関連記事

桃田賢斗
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ