オフサイド・トリップBACK NUMBER

欧州サッカーにロシアW杯の影響は?
ポイントは「極小エリアとスペース」。

posted2018/08/12 11:00

 
欧州サッカーにロシアW杯の影響は?ポイントは「極小エリアとスペース」。<Number Web> photograph by AFLO

フリーキッカーとしてもヘディンガーとしてもミドルシューターとしても輝くロナウドは、サッカーの進化の最先端を走る存在だ。

text by

田邊雅之

田邊雅之Masayuki Tanabe

PROFILE

photograph by

AFLO

「今シーズンの欧州サッカー、戦術的なポイントはどこになると思いますか?」

 毎年、お盆が近づいてくると、こんな質問を受ける機会が増える。

 もちろん戦術的な争点はその都度変わってくるけれど、僕自身の根本的な問題意識は一貫している。

「ピッチ上でいかにスペースを創り出すか」

 これが現代サッカーでは、常に最大のテーマとなってきたからだ。

 その意味でも、今年のW杯は実に興味深かった。ロシア大会ではカウンターとセットプレーが新たなキーワードとして急浮上。FIFAの技術委員会も、「なぜ今大会はセットピースの大会になっているのか」と題した報告を行い、次のような要因を挙げている。

1:ボール支配率にこだわらず、ゴール前での守備に専念するチームが登場したこと。
2:セットプレーを習得するのは、有効な攻撃を練るよりも手っ取り早いこと。
3:セットプレーの場面で効果的に守備を行うのは、極めて難しくなっていること

 技術委員会の報告では、新たなトレンドの恩恵に預かったのがいわゆる「小国」だったこと、オープンプレーから得点を奪うパターンが減少したこと、そして一番の被害者が強豪国だったことなども指摘されている。

生煮えのパスサッカーより効率的。

 ただし生意気を承知で言えばその報告書は、内容的にさほど目新しいものではなかった。僕はグループリーグの初戦が一巡した時点で、「欧州化と番狂わせ」というコラムを雑誌『Number』に寄稿したが、こんなことを書いていたからだ。

『今大会は、セットプレーとカウンターからの得点が顕著だ。(中略)ゴール前を大人数で固められれば、ネイマールやメッシがいても、なかなか得点は奪えない。そうこうするうちにミスを突かれ、敵の反撃に肝を冷やす羽目になる。

 逆に敵側にしてみれば、これほど戦いやすい相手はない。もともとカウンターとセットプレーは、練習時間が少ない代表チームにとって魔法の杖だが、さらに戦術を特化できるからだ。ボールを扱う所作には長けていなくとも、CKの場面なら高さと強さで勝負できる。カウンターでは、どこでスイッチを入れるかを決めておいて、守りに徹すればいい。生煮えのパスサッカーより、はるかに効率的だ』

【次ページ】 練習時間の短い代表が効率よく勝つために。

1 2 3 4 NEXT
ロシアW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ