Number PLAYBACKBACK NUMBER

筒香嘉智が横浜高の4番だった頃。
松坂世代を追い、渡辺監督に学び。 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2018/08/14 07:00

筒香嘉智が横浜高の4番だった頃。松坂世代を追い、渡辺監督に学び。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

横浜高校からベイスターズの主砲になった筒香嘉智。その経歴は横浜を愛する野球ファンにとっては尊い存在だ。

技術は小倉部長、人間性は渡辺監督に。

 結果的に筒香の甲子園出場はこの2年時の春、夏の2回だけに終わってしまった。しかし、甲子園出場以上に筒香を成長させてくれたものがあったという。

「僕にとっては、どんな試合よりも毎日の練習の方が思い入れが強いですね。特にミーティングで渡辺監督や小倉(清一郎)部長から話していただいたことは、今でも自分の中に生きています。一日一日、しっかりと目標を立てて練習をするということ。それをするために、的確な言葉で自然に野球をやる気にさせてくれるというか、常にモチベーションが落ちないようにしてくれていたんだなと今になってわかります」

 横浜高校は、戦術や技術面を小倉部長が担当し、渡辺監督は考え方や野球を通じて人間性を育成することを大事にした。

“三笠山にのぼる第一歩。富士山にのぼる第一歩。同じ一歩でも覚悟がちがう。どこまで行くつもりか。どこまでのぼるつもりか。目標がその日その日を支配する”

 渡辺の座右の銘でもあり、プロで活躍する教え子たちに叩き込まれているこの教えは、今も筒香の中に息づいている。

足りないものを考えて練習できる。

 では横浜高校での筒香は日々どんな練習をしていたのか。渡辺は言う。

「とにかく一人でバットを振っていました。誰にも見えない場所でやるんです。敵は己の中にあり、という感じですね。練習でも例えば『的を絞って打つ』とかね、目標を立てると、ほとんどの選手は練習ではできてもゲームになると変わってしまう。

 でも、筒香は試合でも同じようにできた。練習の時から意味を考え、試合さながら真剣に取り組んできたからでしょう。今も筒香のオフを見ていると、外のボールを遠心力で逆に飛ばすように短いバットで振ったり、ドミニカ共和国に武者修行に出たりしています。自分に足りないものを考えて練習ができている。それができる選手はなかなかいないですよ」

 3年生になり、渡辺は「自分の気持ちを表に出せるようにしたい」と、筒香を主将に据えた。チームが強くなるには何が必要で、何を伝えなければいけないか。そういったことを更に考えさせる狙いがあった。

「人間的にもどんどん成長してくれたと思います。チームが低迷していたり、土壇場に置かれた時の筒香のバッティングには目を見張るものがありました。私は野球には奇跡なんてないと考えるんです。自分の考え、予想、経験などをもって、偶然を必然に変えることができる。そして、そのために努力している人間は必ずいるということです」

【次ページ】 渡辺監督が筒香に唯一言ったこと。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT
筒香嘉智
横浜高校
松坂大輔
菊池雄星
渡辺元智

高校野球の前後のコラム

ページトップ