JリーグPRESSBACK NUMBER

“長崎の徳永悠平”が味スタ帰還。
「東京に隙はない。燃えてますよ」 

text by

馬場康平

馬場康平Kohei Baba

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2018/07/26 17:30

“長崎の徳永悠平”が味スタ帰還。「東京に隙はない。燃えてますよ」<Number Web> photograph by J.LEAGUE

徳永悠平が、長崎の一員として味スタに帰還する。FC東京ファンとしては、足を運ばずにはいられないだろう。

「サポーターに会えるのが楽しみ」

「正直、東京に隙はない。本当に難しい相手。今まで通り、失点を減らして、セットプレーや少ないチャンスをモノにしていくしかない。あの2トップ(ディエゴ・オリヴェイラと永井謙佑)がストロングポイントになっているので、そこをどうやって抑えるのか。1人ではおそらく難しいので、2人、3人でカバーしなければいけない。最後までシュートに体を寄せなければいけないし、GKにも止めてもらわないといけない。そういう粘り強い戦いを90分間やり続けたい」

 さらに、古巣への思いを聞くと、言葉を重ねた。

「もう必死だから。食らいついていくしかないでしょ。燃える? 燃えてますよ。やってやろうという思いもあるし、選手、スタッフのみんなや、あのサポーターたちに会えるのは楽しみですよ」

「記憶がない」という8年前の最終節で、試合後に東京サポーターから掛けられた声援だけは、唯一鮮明に覚えているという。だからこそ、そのサポーターへの感謝の言葉を常々口にしてきた。今回も、少し苦笑いでこんな言葉も口にした。

「チームの調子もいいので、温かく迎えてくれると信じているけど、どうなんですかね? ブーイング? されたらショックだろうな(苦笑)」

 たくさんの思い出が残る場所に彼は帰ってくる。そして、初めて、味スタで青赤と向き合う。徳永は「1つ言えるのは……」と言って、こう結んだ。

「変な感覚でしょうね、反対側にいるの」

関連記事

BACK 1 2 3
FC東京
V・ファーレン長崎
徳永悠平

Jリーグの前後の記事

ページトップ