なでしこジャパンPRESSBACK NUMBER

なでしこ猶本光、ドイツ移籍の覚悟。
尊敬する安藤梢からの教えを胸に。 

text by

日々野真理

日々野真理Mari Hibino

PROFILE

photograph byNaoki Morita/AFLO SPORT

posted2018/07/10 11:30

なでしこ猶本光、ドイツ移籍の覚悟。尊敬する安藤梢からの教えを胸に。<Number Web> photograph by Naoki Morita/AFLO SPORT

24歳でドイツ移籍を選択した猶本光。先輩・安藤梢がドイツに渡ったのは27歳の時だった。

ボールに対する体の位置、感覚も向上。

「6年半、いろいろと取り組みました。フィジカル面では、スピードアップ、パワーアップは絶対に強化しなければいけなかった中で、まずはスピードアップに努めました。時間がかかりましたし、まだまだ取り組まなければいけない部分です。ドリブルのスピードも上がって、ボールに対する身体の位置、感覚が変わってきました。

 身体を作ったことで、プレーの幅が広がって、ようやく試合の中で技術を出せるようになってきたと感じています。振り返ってみると、自分が思い描いていた選手像を全部壊すくらいの変化でしたね。毎日、これができた、あれができるようになったという積み重ねでした」

最初は女の子走りだったけど。

「光は、本当に変わりました」

 猶本の成長ぶりを目の当たりにした安藤梢は、自分が取り組んできたこと実践し成長していく姿を自分のことのように喜んでいる。

「最初に会ったのは、およそ6年前。私が、ドイツから一時帰国して筑波大学でトレーニングしていたときのこと。ちょうどそのとき、私がスプリントの練習をしていたので、“ダッシュしてみて”って走らせてみたんです。アスリートの走りではなく、いわゆる女の子走りみたいな感じだったから、“え? それ本気で走っているの? 大丈夫?”っていうのが第一印象(笑)。でも、サッカーが上手な子だなという印象はありました。

 トレーニング、食事面、様々な角度からアドバイスをしてきましたが、半年に一度帰国するたびに、着実にレベルアップしているんです。私はサッカーに関してはかなり厳しく言うタイプなのでなかなかついてこれる子はいないのですが、光はちゃんとついてきました。彼女はとても意志が強く、いつも世界を意識して取り組んでいたからだろうと思います」

【次ページ】 選手、人間としてもタフになるはず。

BACK 1 2 3 4 NEXT
浦和レッズレディース
猶本光
安藤梢

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ