ファイターズ広報、記す。BACK NUMBER

日本ハム、唯一の永久欠番「100」。
今も残る大社義規オーナーの愛と熱。 

text by

高山通史

高山通史Michifumi Takayama

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/06/22 11:30

日本ハム、唯一の永久欠番「100」。今も残る大社義規オーナーの愛と熱。<Number Web> photograph by Kyodo News

大社義規氏(左)は徳島の食肉加工工場から出発。'63年に日本ハムを設立し、トップメーカーに成長させると、'73年にはプロ野球に参戦した。

球団の方針を信じ、支持してくれる土壌。

 プロ野球ではよく「親会社」と表現されるが、日本ハム本社には球団を温かくサポートをしてもらっている。チーム編成、人事については不介入で、球団の専権事項として認めてもらっている気風がある。職員としてしみじみと感じるが、多大なる理解の下で球団運営を行っているのである。

 日本ハムグループとしてチームの結果に一喜一憂はあるであろう。だが歴代オーナーからも成績等を指標とした現場への批評は皆無である。一般論で非難等をされることがあっても、球団の打ち出した方針を信じ、支持をしてくれる土壌がある。

 だからこそ球団、職員としての使命感、責任感は増大する。モチベーションへとつながるのだと、私は考える。野球に、現場に注力できる。推進力になる。

 平成では最後となった父の日。ファイターズは昭和を経て、平成を駆け抜けようとしている。まだ伝統とまでは言えないが、それに向かって歴史を刻んでいる。

 お会いする機会には恵まれなかったが、誇らしい偉大なる祖を想う。原点である。

 大社義規氏――。

 ファイターズに「先代」は、生きている。

関連記事

BACK 1 2 3 4
北海道日本ハムファイターズ
大社義規
白井一幸

プロ野球の前後の記事

ページトップ