ぼくらのプロレス(再)入門BACK NUMBER

「2018年の桜庭和志」が目指すもの。
地味な寝技で楽しませる斬新な大会。 

text by

堀江ガンツ

堀江ガンツGantz Horie

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2018/06/05 11:30

「2018年の桜庭和志」が目指すもの。地味な寝技で楽しませる斬新な大会。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

プロレス界の救世主となった桜庭和志。グラップリングの世界でも革命を起こす!

「地味で分かりづらい」常識を覆す。

 試合はグラップリング(組み技のみ)ルールで行われ、5人1チームのチーム対抗ワンデイトーナメントという形式。勝敗は一本、失神、失格で決まり、8分間で決着がつかない場合は引き分け。それぞれ先鋒から大将までの勝ち抜き戦で行われる。

「QUINTET」のユニークなところは、勝利を追求しながらも、観客が見て面白い試合を提供することを第一に考えているところ。消極的な動きにはレフェリーから「指導」を与えられ、指導3回で「失格」負けになるというルールは、選手のアグレッシブさを喚起させるためのものだ。

 4月11日に両国国技館で行われた「QUINTET」の第1回大会は、それが功を奏し、ファンや関係者から「予想以上に面白かった」との声が続出した。

 グラップリングの試合は、「地味」で「わかりづらい」と思われがちであったが、桜庭はその常識を覆そうとしているのだ。

寝技だけで世界を沸かせてみせる。

 6月9日には、ディファ有明で第2回大会を開催。そのポスターには、こんなコピーが書かれていた。

 寝技だけで世界を沸かせる。

 俺たちにはそれができる。

 かつてバーリ・トゥードを、みんなが楽しめるエンターテインメントに昇華させた英雄が、今度はグラップリングでそれをやってのけようとしている。

 それが2018年の桜庭和志なのだ。

日本代表、全力で闘え!

Sports Graphic Number 953

日本代表、全力で闘え!

 

関連記事

BACK 1 2 3
桜庭和志
ホイス・グレイシー
QUINTET

プロレスの前後の記事

ページトップ