沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

ダービーで激突する2頭の無敗馬。
ブラストワンピースに混戦適性が。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2018/05/26 07:00

ダービーで激突する2頭の無敗馬。ブラストワンピースに混戦適性が。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

11月のデビューから年明けまで3連勝。ブラストワンピースは人気の上でもダノンプレミアムに次ぐ存在になっている。

2頭のうち、少なくとも1頭は無敗でなくなる。

 調教師であり、獣医師でもあるという立場から「故障馬ゼロを目指したい」と静かな口調で言う。「馬を丁寧に扱うこと」をつねに心がけている。

 ブラストワンピースは、じっくり余裕を持って使ったほうがいいタイプだと判断し、こうしたローテーションになった。ルージュバックのときと同じように、福島のノーザンファーム天栄との連係で、レースの合間のケアは万全だ。

 このダービーで、ブラストワンピースかダノンプレミアムのどちらかが無敗ではなくなる。ともに無敗ではなくなってしまう可能性もあるわけだが、

「どちらかが負けてしまうなんて、もったいない」

 ドキドキしたまま、5月27日のファンファーレを待ちたい。

◎ブラストワンピース
○ダノンプレミアム
▲キタノコマンドール
△ステルヴィオ
×エポカドーロ
注ワグネリアン

 予報によると、当日まで好天がつづくようだ。晴れわたった空のもと、「競馬の祭典」にふさわしい、熱く、激しく、クリーンなレースを見せてほしい。

平成ダービー最強伝説。~総力特集 第85回東京優駿~
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ダノンプレミアム
ブラストワンピース

競馬の前後のコラム

ページトップ