テニスPRESSBACK NUMBER

負けず嫌いな本来の錦織圭が再び。
前哨戦は収穫大で全仏オープンへ。 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/05/22 10:30

負けず嫌いな本来の錦織圭が再び。前哨戦は収穫大で全仏オープンへ。<Number Web> photograph by Getty Images

天敵ジョコビッチを相手に激戦を繰り広げた錦織圭。敗れはしたが、頂点に肉薄していた頃の雰囲気が戻ってきた。

「確実に勝てた、今日の負けはこたえる」

 それでも錦織は「確実に勝てた試合だったので、もったいない」と思いを吐き出した。「今日の負けはこたえる」と。

 元王者に簡単に脱帽せず、こうして悔しがる姿こそ、本来の錦織圭である。我々が待っていた、負けず嫌いの錦織だ。

 クレーコートシーズン、すなわち全仏オープン前哨戦は、モンテカルロの準優勝で始まり、ローマの8強で終えた。いよいよ本番、全仏だ。

「プレー自体は悪くはない。あと1週間あるので、しっかり休んで調整したい。復帰して初めての5セット(マッチ)で、難しい部分はあるかもしれないが、久しぶりのグランドスラムで気持ちも自然と高まってくると思う。いい結果を出したい」

 前哨戦は収支でいうなら間違いなくプラスだ。右手首の故障も「もう言い訳はできない」というレベルまで回復している。グランドスラムの大舞台を、この日の悔しさを晴らす機会にしたい。

関連記事

BACK 1 2 3
錦織圭
ノバク・ジョコビッチ

テニスの前後の記事

ページトップ