サッカー日本代表 激闘日誌BACK NUMBER

小柳ルミ子にとってのサッカー日本代表 

comment by

小柳ルミ子

小柳ルミ子Rumiko Koyanagi

PROFILE

photograph byKeiji Ishikawa

posted2018/05/25 10:00

小柳ルミ子にとってのサッカー日本代表<Number Web> photograph by Keiji Ishikawa

芸道の探究と、メッシの存在。

 私にとって、サッカーを探究することは、芸を探究することと似ている気がします。

 3歳の頃から週に8つのお稽古ごとをしてきた私は、芸道という名のピッチの上をひたすら走り続けてきた。どうやったらもっとうまくなれるか、どうやったら褒められるか、そういうことを子どもの頃から自己分析してきたので、そういう姿勢はサッカーと同じ。分析をして、それを自分に落とし込んで、学び続ける。

 だから、サッカーから本当にたくさんのことを学ばせてもらっているし、それは芸道にもはっきりと活かされています。ヘコんでいる時、自信がなくなってしまった時は、メッシのことを思い浮かべて「彼ならどうするか」を考える。いまの私があるのは、メッシのおかげなんです(笑)。

 間もなくロシアW杯が始まりますね。もちろん全試合をできる限りリアルタイムで観たいと思います。日本代表については、“いままでで一番よく知っている私”として観るので、どうしたら勝てるだろうと考えながら観たいと思います。フラットな目線で分析したいからテレビの前で青いユニフォームを着ることはありませんが、どんな戦いを見せてくれるのかを楽しみにしています。

 世界は強いですよ。だからまずは、ピッチに立つ11人が束になって全力でかかっていかないと。戦術やシステムはその上に成り立つもので、やっぱり、気持ちがあってこそ機能するものだと思うんです。苦しい時に頑張れる、必死になって仲間を助ける、そうやって世界に挑む日本代表を観たいと私は思います。

(構成:細江克弥)

小柳 ルミ子こやなぎ るみこ

1970年に女優としてデビュー。翌年「わたしの城下町」で歌手デビューし、160万枚の大ヒットを記録、同年の日本レコード大賞最優秀新人賞も獲得。その後も「瀬戸の花嫁」で日本歌謡大賞を受賞するなど活躍を続ける。2000年代に入るとサッカー観戦が趣味になり、今では年間2000試合以上を観戦。今年4月、自身初のサッカー書籍『パスコースがない?じゃあ、つくればいい。――ルミ子の勝手にサッカー学(東京書籍)』を出版した。

関連記事

BACK 1 2 3
小柳ルミ子
デイビッド・ベッカム
中山雅史
リオネル・メッシ
ディディエ・ドログバ
フェルナンド・モリエンテス

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ