イチ流に触れてBACK NUMBER

イチローが考える大谷翔平の超才能。
速球や長打力より大事な能力とは? 

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/05/12 07:00

イチローが考える大谷翔平の超才能。速球や長打力より大事な能力とは?<Number Web> photograph by Kyodo News

大谷とひとしきり言葉を交わしたイチローは、カノとゴードンの方を向いて満面の笑み。

100マイル投球や長打力よりも大事な能力とは?

 イチローはベンチ裏でのテレビ観戦ながらも、興奮気味にこう話した。

「雰囲気ありますよ、やっぱり。あー、なんかあるなぁと言うのは、野球をやっている人間なら、感じるでしょうね」

 更には2ストライクを取られてからの2安打には『打者として』最大級の賛辞を贈り、褒めた。

「対応力でしょうね。(先発の)リークの球に全然あっていないように見えて、最後の甘いところを仕留めるわけですから。

 春から開幕してからも、そうじゃないですか。あの何日間で何かが(あった)。そんな余裕があるとは思えないですからね、あんな(不振の)状況で。それをスッと出来る能力と言うのは、なかなか人は持っていないですから。それは大きな才能ですよ。

 100マイル(約161キロ)投げるとか、誰よりも飛ばすことよりも、実は大事な能力、そういう風に見えますけどね」

大谷は「野球教室に来た小学生」に自らを例えた。

 この言葉を伝え聞いた大谷も素直に喜んだ。

「凄く光栄なことですし、僕について話してくれるだけで、僕はそれだけで満足なので、嬉しいなと思っています」

 大谷は更にイチローへの特別な思いを続けた。

「野球教室に来た小学生が、凄く張り切って、良いところを見せようって言う、そう言う気持ちでした」
「(セーフコフィールドは)ずっとテレビでの場所だったので、同じ左のバッターボックスに立てた。凄く楽しんでプレー出来ました」

 そして、6日。

“祭り”はフィナーレを迎えた。

【次ページ】 「対戦したいですよ、それは」

BACK 1 2 3 NEXT
イチロー
大谷翔平

MLBの前後のコラム

ページトップ