日々是バスケBACK NUMBER

八村塁、今年はNBA入りせず。
大学残留で得られるものとは?

posted2018/04/17 10:30

 
八村塁、今年はNBA入りせず。大学残留で得られるものとは?<Number Web> photograph by Yoko Miyaji

来季もゴンザガ大でプレーすることを発表した八村。「もっとバスケットボールを学び、向上することを楽しみにしている」とコメントした。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Yoko Miyaji

 4月8日、八村塁は所属するゴンザガ大からのプレスリリースで、今年のNBAドラフトへのアーリーエントリーを見送り、今年秋からの新シーズンも大学に残ることを発表した。この発表を受けて、アメリカ大手のスポーツメディア、ESPNでもウェブサイトにニュース記事が掲載されたことからも、注目度の高さがうかがえる。

 そのESPNの記事では、NBAに向けての八村の課題として外からのシュート力を伸ばすことだと指摘されていた。確かに、終わったばかりの2017-'18シーズンの八村はゴール近くから攻めることが多く、3Pシュートはシーズン合計わずか26本しか打っておらず、そのうち決めたのは5本にすぎなかった。外からのシュート力がない選手は試合に使ってもらいにくい時代だけに、確かにこの数字は物足りない。

 もっとも、八村にとっては3Pシュートよりさらに大事な課題がある。シュート力はNBAに行ってからでもいくらでも伸ばすことができるが、これがなければNBAの世界で戦い、生き延びることが難しく、大学の間に身につけておくべき課題だ。

 それは闘争心──誰にも負けたくない、どんなことをしても勝つという強い気持ちだ。

「ルイはもともとナイスキッドだから」

 去年秋頃の八村は、闘争心以前に、失敗することを恐れる気持ちがあった。コーチも指摘し、本人もそのことを認めていた。それでも、この課題はシーズンを戦う中で自然と乗り越えることができたという。チームが勝つために自分の役割をこなそうとするなかで、チームとしての自信を自分の力にも変えることができたからだった。

 その次のステップとして求められたのは、八村自身がまわりに自信を与えるような存在になることだ。そのためにも、強い気持ちが重要だった。

 ゴンザガ大のマーク・フューHCは、シーズンを通して八村にあえて厳しいことを言ってきたのだという。

「ルイはもともとナイスキッド(いい子)だから、相手からパンチを2回ぐらい食らってから、戦いに行くときだと決心するようなところがある。毎晩、戦えるようなメンタリティを彼がつけることこそが、私の目標だ。

 そのことを、なるべくシンプルな形で教えるようにしている。『キラーにならなくてはいけない。タイガーにならなくてはいけない』と言っているんだ」

【次ページ】 NBAに飛び込むため、強い競争心を。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

八村塁

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ