オリンピックへの道BACK NUMBER

羽生結弦のあまりに深いスケート愛。
アイスショーで語った仲間と幸福。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/04/19 08:00

羽生結弦のあまりに深いスケート愛。アイスショーで語った仲間と幸福。<Number Web> photograph by Kyodo News

羽生結弦のトークは、もしかすると演技以上にレアかもしれない。会場にいあわせた人々は幸せ者だ。

ショーにどれだけのものを込められるか。

 だが、それを拭い去る力になったのもフィギュアスケートだ。

「ショーにどれだけいろいろな物語を込められるか、感謝の気持ちや凱旋報告を込められるかを考えた1カ月間でした」

 羽生は終演後にそう語った。羽生自身が出てほしいと願い、一緒に滑りたいと思うスケーターたちと作り上げた時間は、羽生にとっても幸福な時間だったことだろう。

「皆さんにおめでとうという言葉をいっぱいかけてもらえて感謝です」

 そしてショーは、次への原動力ともなる。

 新たなシーズンについて、多くの試合に出場したいと明かした羽生は、理由についてこう語る。

「今回のショーの中で、スケーターの方々がすごい偉大だなと思ったし、だからこそ自分は未熟だから、もっとがんばらなくてはいけないと感じたというのもあります」

 ショーの最中、そして終了後も変わることのない心からの笑顔が、羽生の心境を示しているようでもあり、スケーターとしての幸せをかみしめているようでもあった。

ウィアーが話す、フィギュアの力。

 そしてもちろん、このショーを楽しんでいたのは羽生ばかりではない。

 トークの中で「スケートの一番好きなところは?」という羽生の質問に、ウィアーはこう答えた。

「フィギュアスケートをすることによって、観客の皆さんを別世界に連れて行く力がある。日常だったり悪いことだったり、もしくはいいことからも離れて別のところへ一緒にいくことができるところ」

 まさに、その言葉通りの時間でもあった。

 いつまでも余韻が残った会場の空気は、その場を共有した人々の心を伝えるようだった。

関連コラム

BACK 1 2 3
羽生結弦

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ