バレーボールPRESSBACK NUMBER

バレー界に現れたスーパーな18歳。
西田有志「大学は遠回りというか」 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byJTEKT STINGS OFFICIAL

posted2018/02/25 08:00

バレー界に現れたスーパーな18歳。西田有志「大学は遠回りというか」<Number Web> photograph by JTEKT STINGS OFFICIAL

現役高校生の西田は、昨夏のインターハイで海星(三重)をベスト16に導いた。アジアユースメンバーに選ばれるなど、バレー界期待の逸材だ。

「自分の中では大学は遠回りというか……」

 西田は、8歳年上の姉、6歳年上の兄の影響で、物心つく前からバレーボールに触れて育った。中学、高校進学の際には全国的に有名な強豪校からの誘いもあったが、地元の学校を選んだ。

「強いところに行ってずっと上にいるより、下から倒していくほうが楽しいというか、そっちの方が人生的にもいいかなと思ったので」

 海星高では、3年時にチーム初のインターハイ出場、ベスト16入りを果たした。

 日本の男子バレー選手は、高校を卒業後、大学を経てからVリーグに進む選手がほとんどだが、西田はチャレンジを選んだ。

「自分は常に挑戦したいという気持ちを持っているので。大学に行ってからVリーグというのは、自分の中では遠回りというか……、やっぱりジェイテクトに声をかけていただいて、挑戦するチャンスをいただいたからには、チャレンジしてみるべきだと思いました。自分の人生の中で一番大きなチャレンジになると思ったけど、成功するも失敗するも自分の頑張り次第なので」

山を走り、低酸素マスクも購入。

 高校からすぐにVリーグへと考えた時、多くの選手にとってネックになるのがフィジカルだが、西田にはその不安が少なかった。もともと、三重県いなべ市の実家近くにある山を走ってトレーニングするなど体作りへの意識が高かった。トレーニング器具や低酸素マスクなども購入し、ジェイテクトに合流する前からチームにトレーニング方法を聞き、それを実践して備えた。

「やっぱり体で負けていたらレギュラーも取れないので、まず土台を作らないと。自分は体の次に技術、という考えでやっているので」

 ジェイテクトのアーマツ・マサジェディ監督は、「体幹が強いし、上半身と下半身のバランスもいい。アジリティにも優れている。Vリーグでも問題ない」と太鼓判を押す。

【次ページ】 ビッグマウスな部分と、謙虚な部分。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

西田有志

バレーボールの前後のコラム

ページトップ