F1ピットストップBACK NUMBER

ホンダの再出発に求められること。
トロロッソと共に基本に忠実に……。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/01/28 08:00

ホンダの再出発に求められること。トロロッソと共に基本に忠実に……。<Number Web> photograph by AFLO

今季のトロロッソのドライバーはピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーという、フル参戦は初めて同士のコンビとなる。

「'18年のパワーユニットも同じコンセプトで」

 昨年、ホンダが最後にレースに投入したパワーユニットは、スペック3.7だった。

「'18年のパワーユニットも同じコンセプトで開発する」(ホンダスタッフ)と語っていたことを考えると、2月26日からスタートするテストには、スペック3.7の延長線上にある最新版が投入されることを期待しがちだ。

 だが、それでは過去3年間と同じ繰り返しになりかねない。今度のテストではしっかりと走り込むことに専念するために、パワーユニットはあえて最新版スペックにこだわらず、信頼性の確認をとれているものを投入してもいいのではないか。

 メルセデスもF1に復帰してから3年間は勝てなかった。ヨーロッパで古くから用いられている格言がある。

「ゆっくり急げ」

 ホンダにも、そしてホンダを応援するファンにも、いまこの言葉が求められている。

関連記事

BACK 1 2 3
マクラーレン
トロロッソ・ホンダ

F1の前後の記事

ページトップ