沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

スターホースは「できすぎ」を呼ぶ。
キタサンブラックの有馬記念を占う。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byKeiji Ishikawa

posted2017/12/23 08:00

スターホースは「できすぎ」を呼ぶ。キタサンブラックの有馬記念を占う。<Number Web> photograph by Keiji Ishikawa

有馬記念が行われる中山競馬場の直線は短い。内枠も含め、キタサンブラックに追い風が吹いている。

絶好の1枠2番。「できすぎ」の結末は?

 今や、オグリやディープに匹敵するスターとなったキタサンブラック。

 主戦が武豊、馬主が国民的歌手の北島三郎、調教師が気鋭の清水久詞、生産者が勢いのあるヤナガワ牧場と、オグリのように判官贔屓の心をくすぐる材料はあまりない。しいて挙げるなら、先述した血統面ぐらいか。

「サブちゃんの馬にユタカが乗ってGIを勝つなんて、できすぎだ」とみなが考えたがゆえに「実力先行型」になったのかもしれないが、今は誰もが、表彰台で北島三郎と武豊のツーショットが見られることを期待している。

 はたして、キタサンブラックは、オグリやディープのように有終の美を飾ることができるだろうか。

◎キタサンブラック
○スワーヴリチャード
▲シュヴァルグラン
△サトノクラウン
×ブレスジャーニー

 枠順抽選会で、武が「一番ほしかった」という絶好の1枠2番を引いた。

 最後に中山競馬場で「まつり」を聴きたいという願望こみの印だが、キタサンブラックは、「できすぎ」のシーンを見せつづける特別な力があるサラブレッドだと信じたい。

関連記事

BACK 1 2 3
キタサンブラック
武豊
北島三郎

競馬の前後の記事

ページトップ