スポーツ百珍BACK NUMBER

ロナウド&メッシさえいなければ……。
バロンドール3位という涙の歴史。 

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/12/15 11:00

ロナウド&メッシさえいなければ……。バロンドール3位という涙の歴史。<Number Web> photograph by Getty Images

5度目のバロンドール受賞を祝福されるロナウド。ここまでズラリと並ぶと、壮観というより有難みがないような……。

カンプノウを黙らせ、ロシアW杯を制覇すれば。

 約10万人が集まるカンプノウに乗り込めば、かつて“禁断の移籍”を果たしたフィーゴのように大ブーイングを浴びること必至。ただその状況で結果を出し、なおかつPSGのリベンジに貢献する。バルサファンにとっては阿鼻叫喚、PSGファンにとっては最高のシナリオで、決勝での勝利以上にドラマティックだろう。

 もちろん国内リーグも、モナコなどの曲者をしっかりと叩いて制覇しておく必要がある。

 そして6月に開幕するロシアW杯である。

 チッチ監督のもとで南米予選を悠々と勝ち上がったブラジルは、優勝候補筆頭と言っていい。コウチーニョやマルセロ、カゼミーロら頼れる同僚とともに順調に勝ち上がり、自国開催で「1-7」の惨劇を味わった前回優勝国ドイツにリベンジを果たす。

 そしてセレソンにとって6度目となる栄冠を掲げる――。こうなれば名うてのジャーナリストもネイマールを選ばざるを得ないはずだ。

 書いていて“そんなにうまくいくもんか”というレベルだとは感じる。とはいえ、ロナウドとメッシの10年間を終わらせるためには、これくらいのドデカい偉業を果たすしかないのだ。

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5
バロンドール
クリスティアーノ・ロナウド
リオネル・メッシ
アンドレス・イニエスタ
シャビ・エルナンデス
ネイマール
マヌエル・ノイアー
フランク・リベリー

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ