フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

宇野昌磨、不調でもファイナル決める。
自身最後のGPでフェルナンデス優勝! 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byISU/ISU via Getty Images

posted2017/11/21 10:30

宇野昌磨、不調でもファイナル決める。自身最後のGPでフェルナンデス優勝!<Number Web> photograph by ISU/ISU via Getty Images

フェルナンデス自身最後のGPとなるフランス杯での表彰台。左から、宇野、フェルナンデス、ジー。

フェルナンデス、最後のGPで見事に優勝だが……。

 翌日のフリー、『ラ・マンチャの男』では冒頭の4トウループと、4サルコウ+2トウループを成功させたものの、後半の4サルコウと3アクセルで転倒。

 だがベテランらしくドン・キホーテのキャラクターを最後まで演じ切り、質の高いスピンとステップなどを見せてフリー175.85で2位。

 総合283.71で7回目となるGPタイトルを手にした。

「今日は自分が見せたい演技ではなかった。GPファイナルには可能なら行きたいと思っていたけれど、(前回6位に終わり)おそらく難しいことは来る前にわかっていた」と演技後に語った

 今季で競技引退を予定しているというフェルナンデスは、この試合が最後のGP大会になる可能性が高かった。

「とても(最後だという)実感がわきません。ものすごく長い間、戦ってきた気がする」と、少しセンチメンタルに語った。

ウズベキスタン男子として初メダルのミーシャ・ジー。

 3位に入賞したのは、ウズベキスタン代表のミーシャ・ジーだった。

 4回転ジャンパーではないものの、若いころから個性的なプログラムを次々披露して会場を沸かせ、多くのファンから支持される人気選手である。

 ジーはSP、フリーを通してノーミスで滑り、特にフリー、マスネの『タイスの瞑想曲』では8回の3回転ジャンプを成功させて情緒的な素晴らしい演技を見せた。

 4回転ジャンプを持ちながらも、失敗が出るとカバーするだけの質の高さを持ち合わせていない他の選手たちを追い抜き、172.93でフリー3位。総合258.34で3位となり、ウズベキスタン代表の男子として初のGPメダルを手にした。

【次ページ】 フィギュアスケートはジャンプだけではないと再認識。

BACK 1 2 3 4 NEXT
ハビエル・フェルナンデス
宇野昌磨
ミーシャ・ジー
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ