濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

RENA、那須川天心に福岡熱狂も……。
RIZINの“常識はずれ”に功罪あり。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2017/10/20 07:30

RENA、那須川天心に福岡熱狂も……。RIZINの“常識はずれ”に功罪あり。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

那須川が試合をやれば、それは名勝負になる……常に観客を沸かせるカリスマは、どこまで成長し続けるのか?

RIZINのマッチメイクがハマった!

 グラウンドで冷静に対処できていた那須川だが、2ラウンドには上を取られたまま反撃できず。実は下になっているとジャッジの印象が悪いということを知らなかったらしい。

 1ラウンド、3ラウンドは打撃で那須川が優勢、1ラウンドにはダウンさせており、文句なしの判定勝ちだった。

 KOは逃したが、目が離せない攻防という意味ではこれも「あり」だし、何より寝技も含めてフルラウンドの闘いを経験できたことが大きい。

「いい経験になりました。今まで寝技の練習をしてきても強くなった実感がなかったんですけど、今日やってみて対処できてるなって」

 試合後の那須川はそう語っている。短時間のKO勝利、圧勝では得られないものがこの試合にはあったのだ。RIZINのマッチメイクがハマったとしか言いようがない。

 那須川の打撃にも簡単には引き下がらない藤田だったからグラウンドの展開になり、両者ともグラウンドは専門外だから攻防が白熱した。那須川はMMAでは昨年末にデビューしたばかりのルーキー。「実戦に優る勉強の場はない」というスポーツ界の格言そのままの試合だった。

大会の常識はずれぶりがRENAと那須川を産んだ!?

「そんなルーキーにセミの生中継枠を任せていいのか」という意見もあるかもしれないが、キャリアや“格”にとらわれないのがRIZINのよさだとも言える。いい意味で常識はずれ。それでなければ、そもそもRENAや那須川をMMAデビューさせようとしない。

 RIZINは「マトモな格闘技の常識が通じない」イベントだから地上波でも勝負できるのだろうし、そのことでRENAと那須川はジャンルの枠を超えたスターになりつつある。

 ただその常識はずれぶりが、マイナスに作用することも当然ある。

 メインの女子スーパーアトム級GP1回戦、RENAvs.アンディ・ウィンは規定のルール通りに行なわれたのだが、試合が行なわれるまでの流れは規定通りではなかった。

 前日の計量でウィンが49kgの体重リミットを250gオーバーしたのだ。

【次ページ】 RENAは相手の体重超過を受け入れたが……。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

RENA
那須川天心
桜庭和志
フランク・シャムロック
榊原信行
藤田大和
アンディ・ウィン

格闘技の前後のコラム

ページトップ