サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

今の代表にサプライズは必要ない。
運命の一戦で頼るべきはJリーガー?
 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/08/23 07:00

今の代表にサプライズは必要ない。運命の一戦で頼るべきはJリーガー?<Number Web> photograph by AFLO

移籍の噂もあった香川真司だが、ドルトムントでの今季開幕戦にも出場して健在をアピールしている。

杉本よりは金崎か。岡崎の状態もいい。

 2列目は原口、香川、久保、本田からのチョイスになるが、彼らのコンディションによっては4-3-3のオプションも検討したい。アンカーを置く中盤の配置では山口と今野の同時起用が可能となり、3トップのサイドに小林悠を置くこともできる。国内組を無理なく活用できるのだ。

 大迫を招集できない前提で、杉本健勇や金崎夢生の代表入りが囁かれている。得点ランキング2位の杉本か、同5位タイの金崎か。ハリルホジッチ監督も「どちらかひとりが入る可能性がある」と話しているが、すでにこのチームでプレー経験のある金崎をチョイスしたい。

 最前線での身体を張ったポストワークとフィニッシュへの強い姿勢は、攻撃全体に勢いをもたらす。ボール際で無理が利くタイプでもあり、フィジカルに優れるオーストラリアの守備陣にも見劣りしない。最終予選には出場していないものの、代表においては杉本よりも計算が立つ。

 岡崎慎司の状態もいい。大迫の台頭で序列を下げていた31歳は、レスターでリーグ戦2試合連続得点を記録している。ストライカーはゴールによってプレーのリズムを高め、自信も深めていくだけに、いまの岡崎は“使い時”だ。

 ハリルホジッチ監督はこれまで、「競争はつねに存在する。このチームに絶対的なレギュラーはいない」と話してきた。チームとしての経験を担保しつつ、コンディションを優先したキャスティングができるのか。

 日本の未来がかかる大一番には、指揮官の去就もかかってくる。

関連記事

BACK 1 2 3
ヴァイッド・ハリルホジッチ
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ