濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

東京女子プロレスが人気上昇中!
キーワードは“等身大”への感情移入。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byNorihiro Hashimoto

posted2017/08/20 08:00

東京女子プロレスが人気上昇中!キーワードは“等身大”への感情移入。<Number Web> photograph by Norihiro Hashimoto

昨年タイトルマッチを経験し、試合ぶりへの評価も上がっている辰巳リカ。

「どらごんぼんば~ず」に越中詩郎が合流!

 どこに出しても恥ずかしくない空中殺法やグラウンド戦、蹴りやチョップの打ち合いも見られるのだが、そのトップ戦線の一角を占めているのがテレビでも人気の“筋肉アイドル”才木玲佳だったりする。才木はトーナメントを制し、8.26後楽園で坂崎ユカが持つシングル王座に挑戦。「芸能人なのに」どころか、タワーブリッジ(アルゼンチンバックブリーカー)やジャックハマーといったパワー系の大技を武器にした真っ向勝負が持ち味だ。

 8.26後楽園には、レジェンドレスラーである越中詩郎の出場も決まっている。越中とトリオを組むのは辰巳リカ&黒音まほの「どらごんぼんば~ず」だ。ドラゴンボンバーズと言えば藤波辰巳であり越中詩郎なので、筋としては合っている、一応。

 辰巳は本名がリカだったことから「リカって言ったらたつみだろう」とおニャン子世代の大社長・高木三四郎の思いつきで命名。プロレスラーなので「辰巳」となった。ドラゴンスクリューやドラゴンスリーパー、さらにはドラゴンリングインといったリスペクト殺法を使い、同時にヒップアタックも武器にしていたらタッグチーム名が「どらごんぼんば~ず」となり、越中と組むことにまでなってしまった。

「もともと、感情論みたいなものに惹かれるんです」

 プロレスを初めて生で見たのは、所属していた音楽ユニットのチラシを配りに行ったDDTのビアガーデン大会だった。飲食販売を充実させ、試合を終えた選手と「乾杯!」するイベント性の強い名物大会だ。

「プロレスって怖いイメージだったんですけど、DDTのビアガーデンはお祭りみたいでしたね。選手のコスチュームとか紙テープも色鮮やかで、こういう楽しいプロレスもあるんだなって」

 プロレス初体験をそう振り返った辰巳は、ほどなくして同じユニットの坂崎と東京女子に入門。音楽はやめたが、ケガで長期欠場してもプロレスだけはやめなかった。

「私には特技も取り柄も何もないんですよ。でもプロレスは体と気持ちだけで勝負できるのかなって。もともと、そういう感情論みたいなものに惹かれるんです。バンドだったらブルーハーツとか、アイドルならももクロちゃんが髪の毛振り乱して踊る姿とか。うまいかヘタかじゃなくて、気持ちが前面に出る感じ。プロレスもそうですよね。ただプロレスのほうが、ライブより感情の振れ幅が大きいかもしれないです。勝っても負けても感情の動き方が大きくて、泣いたり叫んだりしちゃうので」

【次ページ】 路上プロレスを見て選手になった“ヒーロー”。

BACK 1 2 3 4 NEXT
東京女子プロレス
DDT
才木玲佳
辰巳リカ

プロレスの前後のコラム

ページトップ