濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

東京女子プロレスが人気上昇中!
キーワードは“等身大”への感情移入。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byNorihiro Hashimoto

posted2017/08/20 08:00

東京女子プロレスが人気上昇中!キーワードは“等身大”への感情移入。<Number Web> photograph by Norihiro Hashimoto

昨年タイトルマッチを経験し、試合ぶりへの評価も上がっている辰巳リカ。

路上プロレスを見て選手になった“ヒーロー”。

 ブルーハーツやももいろクローバーZに通じるジャンル。それが辰巳にとってのプロレスなのだ。練習はもちろん厳しかったが、意外だったのは団体側から「無理に体を大きくしなくてもいいよ」と言われたこと。

「ムキムキ、バキバキじゃなくても、自分のままでいいんだなって。あと下半身が太いのがコンプレックスだったんですけど、それを褒められたのも嬉しかったです(笑)」

 現在、負傷欠場中の“愛と平和を守るニューヒーロー”ハイパーミサヲは、手作りのアクセサリーやバッグなどを販売する大規模イベント「ハンドメイドインジャパンフェス」に母親の付き添いで行った際、DDTと出会った。イベント内で会場全域を使った「路上プロレス」が開催されていたのだ。辰巳はビアガーデン、ミサヲは路上プロレスという出会い自体が、いかにもDDTグループらしい。

「普通の試合をたまたま見ても、好きになってはいなかったと思います。野球やサッカーと同じスポーツで、自分には縁がないものだって」

マントとマスクをつけて、やっとリングに立てる。

 大学を卒業しても一人暮らしの部屋に閉じこもって「このまま何もしないで死ぬだけ」かと思えた人生に、思わぬ方向から光がさした。周囲に相談しても「無理だと言われたらいいほうで、たいてい半笑いされて終わり」だったが東京女子プロレスの練習生になった。デビューにあたり、ヒーローというキャラクターを選んだのは「普通に試合をするだけでは、自分の能力ではヒーローになれない」と感じたからだ。

「イメージとしてはバットマンの中でも(ダークな世界観が際立つ)ティム・バートン版。『バットマン・リターンズ』のキャットウーマンですね。地味な会社員が殺されて、復讐のために生き返ってきたっていう。ただ、ハイパーミサヲの姿を映像で見ると、想定してた以上に明るいんですよ。これはアホだなって、自分も元気が出るレベルです(笑)。明るい人間になりたいっていう願望が出てるんですかねぇ。だとしても、それは素顔じゃ出せないです。マントとマスクをつけて、やっとリングに立てるのが自分なので。そういうレスラーに自己投影してくれる人が、もしかしたらいるのかも、いたらいいなと思ってやってます」

【次ページ】 お手本がいない中で磨かれたプロレス観とは?

BACK 1 2 3 4 NEXT
東京女子プロレス
DDT
才木玲佳
辰巳リカ

プロレスの前後のコラム

ページトップ