サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

ウルグアイが過ごす「日常」との差。
U-20日本、2失点の背後にあるもの。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byKenzaburo Matsuoka

posted2017/05/25 11:25

ウルグアイが過ごす「日常」との差。U-20日本、2失点の背後にあるもの。<Number Web> photograph by Kenzaburo Matsuoka

グループ突破がかかる第3戦の相手はイタリア。国としては格上だが、今大会のパフォーマンスを見る限りつけいるスキは多いにありそうだ。

ウルグアイのゴールは、彼らが過ごす日常の表れ。

 問題は時間帯だ。すでに後半の追加タイムである。

 グループステージは3試合で争われ、3位でも成績上位ならベスト16入りできる。だとすれば、得失点差にも意識を働かせて、2点目を許さないことに集中するべきだった。

 しかし日本は、後半の追加タイムに突入する直前にも、ウルグアイに決定機を与えていたのだ。GK小島亨介が危機を回避したのをきっかけとして、ゲームの締め方を統一することはできたはずである。

 どうにもならないほどの実力差が、横たわっていたわけではない。大まかにゲームを振り返れば、通用したと言っていい場面やプレーは確かにあっただろう。

 だからこそ、この敗戦は重い。厳しい現実を突きつけられた。

 ウルグアイが決めた2つのゴールは、彼らが過ごす日常を映し出すものだ。どれだけシビアな環境で、プレーの精度とゲームの結果を求めているのか──。

 韓国で戦うU-20日本代表だけでなく、日本サッカー界が課題を突きつけられた一戦である。

関連記事

BACK 1 2 3
久保建英
小川航基

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ