スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

ダルビッシュとカッターの増加。
必殺のスライダーを生かす投球術。 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/05/13 07:00

ダルビッシュとカッターの増加。必殺のスライダーを生かす投球術。<Number Web> photograph by Getty Images

豪速球と多彩な球種を使い分けるダルビッシュ。2017年、進化のキーワードは「カッター」となり始めている。

内角を攻めてから、外角低目のボールで仕留める。

 そういう弱点はダルビッシュも承知しているはずだ。見ていると、彼はこの球をウィニングショットには使わない。1つ目、あるいは2つ目のストライクを取りにいくときに使うケースが多く、最後はやはりスライダーかフォーシームで仕留めている。

 この投球術は、さらに進化するだろう、と私は見ている。150キロ台後半のフォーシームや140キロ台のカッターで内角を攻められたあと、130キロのスライダーや110キロのカーヴを外角低目に決められたら、ほとんどの打者は眼と手がついていかないはずだ。あるいは逆に、ゆるい変化球を間にはさんで、最後に高速のフォーシーム。打者にしてみれば、厄介なことこの上ない投手に映るだろう。

 突然四球を連発する癖さえ修正できたら、サイ・ヤング賞のトロフィーも視界に入ってくるのではないか。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ダルビッシュ有
テキサス・レンジャーズ
トミー・ジョン

MLBの前後の記事

ページトップ