話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

ガンバからついに取り払われた聖域。
遠藤保仁、定位置奪回はなるのか。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2017/05/04 11:30

ガンバからついに取り払われた聖域。遠藤保仁、定位置奪回はなるのか。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

ここ数年間「遠藤の後継者」は日本サッカーが抱え続ける課題である。それほどまでの存在だからこそ、出場なしに終わるだけでも騒がれるのだ。

「ポジションを奪われたぐらいで引退はしない」

 長いシーズンでは必ず、ベテランの力が必要になってくる。

 単調な展開になった時にテンポを変え、「違い」を見せられるのは遠藤だけだ。遠藤自身も「ポジションを奪われたぐらいで引退はしない。奪われたら奪い返しにいく」と、ポジション奪取に意欲的だ。

 普通の選手にとってはかなりの試練だが、遠藤にとっては決してネガティブなものではない。おそらく、こう思っているはずだ。

 プロ20年目にさらに成長するチャンス。

 自分のプレーを少しずつマイナーチェンジし、監督の要求するものに応えてレギュラーでプレーしつづけてきた歴史が、そう思えるだけの余裕を生んでいる。

 遠藤は、いずれスタメンに戻ってくるだろう。

 そのプロセスは遠藤にとって貴重な財産になり、ガンバにとって再び大きな戦力になるはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
ガンバ大阪
遠藤保仁
今野泰幸
井手口陽介
長谷川健太

Jリーグの前後の記事

ページトップ