フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

「これからも笑顔を忘れず、前進を」
浅田真央が私たちに残した“レガシー”。
 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2017/04/12 15:00

「これからも笑顔を忘れず、前進を」浅田真央が私たちに残した“レガシー”。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

現役最後の大会となった昨年末の全日本選手権、フリー演技。左膝の怪我を押しての出場だった。

浅田真央が私たちに残してくれたレガシー。

 浅田真央といえば3アクセルがトレードマークだったものの、選手としての彼女はジャンパーというよりも、人の心に食い込んでくる存在感を持つスケーターだった。

 どれほど厳しい表情をしても温かみがあり、滑らかなスケーティングと体全体を使った仕草ひとつひとつがハッとするほど美しい。

 十代の頃から多くの戦績を残してきたが、復帰をしてから見せた『蝶々夫人』の優雅さ、昨年の『火祭りの踊り』の妖艶な美しさは、未だに心に強く刻まれている。

「このような決断になりましたが、私のフィギュアスケート人生に悔いはありません。これは、自分にとって大きな決断でしたが、人生の中の1つの通過点だと思っています。この先も新たな夢や目標を見つけて、笑顔を忘れずに、前進していきたいと思っています。皆様、今までたくさんの応援、本当にありがとうございました。」(本人のブログより)

 引退声明は、こう結ばれていた。

 多くのファンが涙を流したに違いない。

 たおやかで細身の体だったが、浅田真央はフィギュアスケート界の巨人だった。彼女を見てスケートのファンになった大勢の人々、彼女に憧れてスケートをはじめた選手たち。三原舞依も、ヘルシンキ世界選手権では浅田真央の映像を見て勇気付けられたと語っている。

 それらは、浅田がフィギュアスケート界に残したレガシーである。

 彼女が残してくれた多くの偉大なものを、私たちは忘れないだろう。

関連記事

BACK 1 2 3
浅田真央
三原舞依
グエンダル・ペイゼラ
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ