辻直人のB.LEAGUER DIARYBACK NUMBER

Bリーガー辻直人、負傷離脱に思う。
万能シューターとなるための過程に。 

text by

辻直人

辻直人Naoto Tsuji

PROFILE

photograph byNaoto Tsuji

posted2017/03/06 08:00

Bリーガー辻直人、負傷離脱に思う。万能シューターとなるための過程に。<Number Web> photograph by Naoto Tsuji

腰痛で試合に絡めない時期があっても、辻は体を追い込むことを忘れてはいない。

ワンステップ上のレベルに行くには、ディフェンスを。

 イラン代表はフルメンバーではなかったのは確かだが、体のサイズやコンタクトの強さ、リバウンドや球際の強さは、フルメンバーと引けを取らなかった。そんなイラン代表に対して日本代表はどうディフェンスするのかに注目していた。しかし、強化試合まで練習時間がなかったのも事実で、さらに導入段階であったため、日本代表はピック&ロールでやられてしまう場面もあった。

 その一方でディフェンスが激しくいけた時間ではスティールも多く見られた。今後、練習時間が増えチームとして浸透していけば、さらに改善されていくだろう。

 日本代表合宿に参加した時、ルカと話す機会があった。自分のオフェンス力を認めてくれていたが、ディフェンス面での課題を指摘された。確かに代表戦を見ていると、あのくらい激しいディフェンスは国内リーグ戦でした記憶がない。もちろん、決して出来ないとは思わないが、正直なところではそのレベルのディフェンスをやっていなかった自覚はある。情けない話なので自信を持って言うことではないのだが……(苦笑)。

 ルカからは「ワンステップ上のレベルに行くには、ディフェンスをやるべきだ」とハッキリと指摘された。だからこそ、「やったろやないかい!!」と気合が入る。それができなければ代表には呼ばれないだろう。

オールマイティーなシューターになってみせる。

 現在、日本人で“シューター”と呼ばれるポジションの選手で、シュート力はもちろん、コンタクトも強くアシストも出来て、ピック&ロールも使えてディフェンスも出来る選手はいるだろうか。あくまでも個人的な意見だがいないと思う。だからこそ、その地位にいく価値はとても高い。

 このルカの言葉は怪我でリハビリを余儀なくされる自分が、前向きになれた要因の一つでもあった。これで目先の目標がより明確になった。クリアすることは決して容易な事ではないが、これまでどのカテゴリーでも一つ一つ目標をクリアしてきた自分にとっては絶好のモチベーションになる。これからの毎日が楽しみだ。

(構成・石井宏美)

関連記事

BACK 1 2 3
川崎ブレイブサンダース
辻直人
ルカ・バビチェビッチ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ