フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

四大陸は平昌五輪テストイベント!
フィギュア日本勢の複数メダル期待。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byYohei Osada/AFLO SPORT

posted2017/01/31 11:40

四大陸は平昌五輪テストイベント!フィギュア日本勢の複数メダル期待。<Number Web> photograph by Yohei Osada/AFLO SPORT

世界選手権前の大きな国際大会として、また、平昌五輪の本番環境の確認にもつながる今回の四大陸選手権は、羽生にとって非常に重要な大会となる。

さらなるレベルアップを目指す宇野昌磨。

 全日本選手権で初タイトルを手にした宇野は、年末年始を北米で過ごしたという。

 シカゴでは、アレクサンダー・オウリアシェフコーチと、ジャンプやフィジカルなどの強化練習を行った。元ウクライナチャンピオンのオウリアシェフは、技術の高さに定評があるグレイシー・ゴールドにジャンプの基礎を叩き込んだコーチである。

 その後、トロントに移動して演技の幅を広げるためにデイビッド・ウィルソンにエキジビションの振付を依頼したという。

 今シーズン4フリップをものにして、GPファイナルでも2度目の銅メダルを手にした宇野。

 五輪を見据えての海外強化練習の結果を、江陵で目にするのが楽しみである。

新たな一面を見せた田中刑事。

 日本男子代表の3人目は、全日本選手権で2位に入り、シニアになってから初のメダルを手にした田中刑事である。今シーズンはNHK杯で3位に入り、初のシニアGPメダルも手にして急成長中と言っていい。

 4サルコウの成功率が上がったことももちろんだが、特にマッシモ・スカリ振付のフリー、ニーノ・ロータのサウンドトラックメドレーでは、今季驚くほどの表現力の成長を見せてくれた。

 早いテンポの細かい動きも小さくまとまってしまうことなく、ダイナミックに体を大きく使いながら最後までスピードを保った滑りは、観客の注意を一瞬たりともそらさない。

 昨年は6位だったこの大会で、どのくらい順位を上げられるか注目である。

【次ページ】 男子表彰台はアジア系の独占となる!?

BACK 1 2 3 4 NEXT
羽生結弦
宇野昌磨
宮原知子
田中刑事
ネイサン・チェン
パトリック・チャン
ボーヤン・ジン
ハン・ヤン
デニス・テン
ジェイソン・ブラウン
樋口新葉
ケイトレン・オズモンド
カレン・チェン
マライア・ベル
三原舞依
平昌五輪
オリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ