球道雑記BACK NUMBER

デスパイネ騒動はむしろチャンス。
井上晴哉がロッテの主砲になる日。 

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2016/12/30 11:30

デスパイネ騒動はむしろチャンス。井上晴哉がロッテの主砲になる日。<Number Web> photograph by Kyodo News

主砲デスパイネが去った今、豪快さと器用さをあわせ持つスイングを持つ未完の大器・井上に、ロッテの主軸としての期待がかかる。

主砲不在というピンチをチャンスに変えられるか?

 山下はそんな井上についてこう続ける。

「ファームでは逆方向に打つことが出来ていたから出塁率も高かったし、結果も残せていたと思うんです。彼は元々のポテンシャルで右方向にもホームランが打てますし、広角に打てるバッターです。それが一軍に行くと、相手投手のスピードに負けないと思うあまりに、体の開きが出てしまう。悪い癖ですよね。だから意識として、一軍でもっと逆方向に打とうとすれば率は自然と上がるようになると思うんです。また、率が上がるということは彼のポテンシャルから考えれば当然長打率も上がる。来年(2017年)もそこは課題としてあると思います」

 当の井上は、現状の手応えについてこう語ってくれた。

「まず、秋季キャンプも含めた1年間、怪我なく終われたことが一番大きいです。これまでの自分は秋季キャンプは行くこともできなかったので、実際にキャンプに行って、あれだけ走り回って、最後まで怪我なく終われたということは『ここまで来れたんだ』という自信にもなりました。2016年のひとつの目標として、怪我をしない体づくりを意識してきました。その目標は1年間体を動かしてきたことで達成できたと思っています。今、やっていることは、このまま継続して、さらに筋力トレーニングを上手く取り入れていくこと。何かが変わってくると思います」

 シーズンが終わった12月某日。

 井上は午前中の早い時間からロッテ浦和球場に足を運び、ひとりで黙々と汗を流した。怪我に泣かされ、本当の意味で自信が持てず、オドオドしていた彼の姿はもうどこにもない。

 主砲不在というチームのピンチを、自身のチャンスへ変えられるか。

 2017年はそんな井上晴哉の覚醒を信じてみたい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
山下徳人
千葉ロッテマリーンズ
伊東勤
アルフレド・デスパイネ
井上晴哉

プロ野球の前後の記事

ページトップ