プロ野球PRESSBACK NUMBER

「松坂世代」生き残りは18人――。
西武・渡辺直人、衰えぬ闘争心。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/12/30 11:00

「松坂世代」生き残りは18人――。西武・渡辺直人、衰えぬ闘争心。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

西武移籍4年目の今季は、8月18日のソフトバンク戦で通算1000試合出場を達成した。

「松坂世代、岐路に立たされていますけど……」

 野球に対する気持ちも全く衰えていない。

「野球は楽しい。その気持ちは変わらないし、“試合に出たいな”と毎試合、思っています。今でも毎日、球場に来るのがうれしくて、ワクワクしますよ。チャンスで回ってくれば“来たぞ”、“目立ってやろう”と思う。その気持ちは衰えないどころか、年齢を重ねるごとに強くなってきた気がします。

 松坂世代、岐路に立たされていますけど、そして周囲からは、そういう年齢なんだという見方をされますけど、だからこそ老け込んだ姿をファンの皆さんに見せたくないんです。まだまだ老け込んでいる場合じゃありません。若い選手に負けないくらい、泥だらけになっている姿を見せたいし、自分もそういうプレーがしたいと思っていますから」

 うまくなりたい。野球を楽しみたい。チームに貢献したいという渡辺の気持ちは色あせていない。

 一人、また一人と、ユニホームを脱ぐ「松坂世代」の選手が増えていく。全盛期の輝きの眩しさを知っているからこそ、寂寥の思いは強い。

 ただし、世代交代が当然のプロの世界にあって、「それが現実」(渡辺)だとするならば、こうして現実に立ち向かいがむしゃらに闘う姿もまた、美しくて尊い。

 2017年シーズンも1980年生まれの選手たちに注目していきたい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
松坂大輔
渡辺直人
埼玉西武ライオンズ
新垣渚
浅村栄斗

プロ野球の前後の記事

ページトップ