プロ野球PRESSBACK NUMBER

「松坂世代」生き残りは18人――。
西武・渡辺直人、衰えぬ闘争心。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/12/30 11:00

「松坂世代」生き残りは18人――。西武・渡辺直人、衰えぬ闘争心。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

西武移籍4年目の今季は、8月18日のソフトバンク戦で通算1000試合出場を達成した。

投手に声をかけるタイミングは試合を重ねて覚える。

「“ここをしのげばなんとかなる”“味方のピッチャーは今、苦しんでいるから間を取ってあげたほうがいいな”というタイミングは、試合を重ねることで覚えていくもの。まずは、そういう見方をする習慣をつけることが大事だと思います。

 その習慣をつけるために、浅村は自分を奮い立たせて、がんばって動いているんだなぁと、シーズン中は頼もしく思いながら見ていました。そうやって態度に出るようになったから、みんなが認めたから来シーズン、キャプテンに選ばれたんじゃないでしょうか?」

 ほほえみながら、まるで自分のことのように嬉しそうだった。

37歳でも野球をやらせてもらえることに感謝したい。

 こうしてチームのために働きかける機会が多いベテランだが、もちろん、本人は裏方だけに徹するつもりはない。2016年シーズンは故障の影響もあり70試合の出場にとどまったものの、契約更改の場で語ったようにレギュラー取りが目下の目標である。

 内野であればどこでも守れる渡辺だが、特にショートのポジションは激戦だ。呉念庭や永江恭平、鬼崎裕司など若手からベテランまで、多くの選手がひとつのポジションを巡って闘いを繰り広げている。渡辺がその一角に食い込む可能性は高い。

「昨シーズンは途中、ケガをしてしまいましたけど、それは思い切りプレーしての結果なので後悔はしていません。37歳でも、また来年、野球をやらせてもらえることになった。うれしいし、ありがたいですね。やりたくてもできない人が多い中、プレーできることにまずは感謝したい。だからこそ、目いっぱい、野球をやるのが僕の務めです」

【次ページ】 「松坂世代、岐路に立たされていますけど……」

BACK 1 2 3 4 NEXT
松坂大輔
渡辺直人
埼玉西武ライオンズ
新垣渚
浅村栄斗

プロ野球の前後の記事

ページトップ