マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

なぜ中島や鈴木より今宮健太なのか。
4年連続GGは本能と基本の合わせ技。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2016/12/12 07:00

なぜ中島や鈴木より今宮健太なのか。4年連続GGは本能と基本の合わせ技。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

フィールディングを見ているだけで楽しい選手、というのはそういない。そして今宮健太の守備は、お金が取れる守備だ。

パのショートは今宮じゃなきゃ座りが悪い。

 まだ肩も薄く、足も中学生のように細かったが、その“獣の唸り”こそ、ルーキー・今宮健太が屈強なホークス戦士に生まれ変わろうとする陣痛の唸りだったのかもしれない。

 ゴールデン・グラブ賞は、中堅、ベテランのプロ野球記者の支持を得て選ばれる。

 “目”のある記者たちならば、昨季から一気に2割増しの100併殺を成立させて、守備率も今宮健太と互角の中島卓也の“円熟”も、守備率で今宮健太を上回った鈴木大地の“台頭”も、当然に視野にとらえていたはずだ。

 にもかかわらず、多くの記者が今宮健太を支持した事実。

 パのショートは今宮じゃなきゃ座りが悪い。説得力。

 なにごとも、“顔”と“名前”で周囲を屈服させられるようになったら一丁前だ。

 この秋、クライマックスシリーズ。

 今宮遊撃手の左を痛烈なゴロが襲う。

 サッと打球のコースに入った彼が、次の瞬間に作った捕球姿勢。1年目の宮崎で唸りをあげながら、彼が繰り返し、繰り返し、自分の下半身に刷り込んでいたあの形だった。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

今宮健太
中島卓也
鈴木大地
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
千葉ロッテマリーンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ