日々是バスケBACK NUMBER

ステフィン・カリーが高校生を指導!?
2人の日本人は彼に何を感じたか。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2016/09/21 11:30

ステフィン・カリーが高校生を指導!?2人の日本人は彼に何を感じたか。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

世界の頂点に触れることは、選手たちの視野を大きく広げることになる。「カリー体験」は彼らに何を残したのだろうか。

カリーのマークを相手に決めた大倉の3P。

 公開ピックアップゲームに参加する10人に選ばれた大倉にとっては、嬉しいサプライズがあった。試合は当初、台湾やフィリピン、日本などアジアの高校生選手同士で行われていて、カリー自身は張り切って審判を務めていたのだが、途中から相手チームに加わることになった。そして、加わって最初にマッチアップすることになったのが大倉だった。

「テレビで見ていた存在が、ちょっと手を出したら触れるところにいて、目があったりとか、それだけでもドキっとして、すごく楽しかったです」(大倉)

 カリーが加わってすぐ、大倉のところにパスが回ってきた。目の前にはカリーがディフェンスしている。それまで、まだ一度もシュートを打っていなかった大倉だが、ここぞとばかりに思い切って3Pを打ち、見事に成功させた。

「思い切って打ってみようと思ったら、ブロックもされずに、いい形でワンプレーできました」(大倉)

罰ゲームの腕立て伏せもカリーはもちろん参加。

 カリーは、最初から最後まで楽しみ、場を盛り上げていた。ピックアップゲームの前に行われた3Pゲームでも、ピックアップゲームでも、カリーが入ったチームは負け続きだったのだが、そのたびに負けチームに科された腕立て伏せを、高校生選手たちに混じってやり、勝負ごとには真剣な一面を垣間見せた。

 イベント後、大倉と水谷の2選手に、今回のクリニック参加したことが、自分にとってどんな経験になりそうか聞いてみた。

 将来的に、アメリカに挑戦し、代表入りして日本を担う選手になることが目標という大倉は、「短い時間だったんですけれど、他の国の選手とも関わったのは、これから自分の成長につながる財産だったと思います」と言う。

【次ページ】 水谷「バスケって好きなやつがあがっていく」

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ステフィン・カリー
大倉颯太
水谷槙之介

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ