野ボール横丁BACK NUMBER

33歳で甲子園優勝の小針崇宏監督。
恩師が語る作新学院指揮官の素顔。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2016/08/21 19:40

33歳で甲子園優勝の小針崇宏監督。恩師が語る作新学院指揮官の素顔。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

小針崇宏監督は、口数が少ない。しかし周囲の人々が彼に寄せる信頼を見れば、その人柄がいかなるものかはわかる。

「生意気だと誤解されるのでは」という心配も杞憂に。

――案の定、いろいろな苦労があったようですね。

 若いと周りも言いやすいですからね。この夏、代表になった松山聖陵(愛媛)の監督の荷川取(秀明)も私の教え子なのですが、彼が「アイツ、なめてんですよ」と。そういう感じで先輩にかわいがられるタイプなんです。だから、ともすれば本当に生意気だと誤解されることもあるのではないかと心配はしていました。ただ、そこは年上の部長の岩嶋敬一先生がうまいこと、小針のことを守ってくれているようですね。

――小針監督は33歳と、まだとても若い。最近では、'04年夏に駒大苫小牧が初優勝したときの香田誉士史監督と同い年です。

 そうですよね。これまでも大変でしたけど、これからはもっと大変でしょうね。でも、あの男なら、大丈夫ですよ。

関連記事

BACK 1 2 3
作新学院高校
小針崇宏

高校野球の前後の記事

ページトップ