濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

UFCでハントvs.レスナーが実現!
4000億円買収劇に漂う格闘ロマン。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2016/07/16 07:00

UFCでハントvs.レスナーが実現!4000億円買収劇に漂う格闘ロマン。<Number Web> photograph by Getty Images

UFC200での一戦はレスナーに軍配が上がったが、ハントとの対決が実現したことこそ意義深い。

WWEスーパースターが4年半ぶりに参戦した意義。

 繰り返すが、レスナーは4年半もMMAから離れていた。今回の試合は記念大会だからこその限定参戦であり、現在の肩書きは“WWEスーパースター”。夏のビッグイベント『サマースラム』ではランディ・オートンとの大物対決がアナウンスされてもいる。しかしそんなレスナーが、MMAでもいまだに強かった。それも、UFCヘビー級ランカーにはっきりと差をつけて勝つくらい。

 WWEのチャント(選手へのコール)で言うなら「You still got it=実力は健在」。パワーやスピードは衰えず、スタミナを切らさず、抑え込みやダメージの与え方に関してはテクニカルでさえあった。高阪の言葉どおり、まさにファンタジックな闘いぶりだった。

 レスナーのファイトマネーは、250万ドルというMMAでは破格の金額だった。これにPPV収入からの分配など各種ボーナスも追加されているはずだ。これは言ってみれば“実力プラス幻想”についた値段だろう。幻想を裏切らなかったレスナーは、それだけの価値があると試合で証明したとも言える。

2億円で購入したUFCを15年間で4000億円で売却!

 大会が終わり、週が明けると「UFC買収」のビッグニュースも飛び込んできた。2001年からUFCを運営してきたズッファ社に代わり、40億ドル、すなわち4000億円強を投じて新たなオーナーとなったのは、クリント・イーストウッドやローリング・ストーンズを擁する大手芸能&スポーツエージェントのWME-IMG。代表のデイナ・ホワイト氏は残留するだけに、方向性は変えずにスケールアップしていくということになるはずだ。新日本プロレスのオーナーである木谷高明氏は、ツイッターでUFC買収をこう表現している。

「2億円で購入した物を15年間で2000倍の4000億円で売却。世の中に新しい価値観を提供することに成功した素晴らしい例」

【次ページ】 プロである以上はエンターテインメント・ビジネス。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

マーク・ハント
ブロック・レスナー

格闘技の前後のコラム

ページトップ