ル・マン24時間PRESSBACK NUMBER

予想できなかったラスト1周の悲劇。
トヨタがル・マン初制覇を逃した瞬間。 

text by

赤井邦彦

赤井邦彦Kunihiko Akai

PROFILE

photograph byTOYOTA

posted2016/07/05 11:20

予想できなかったラスト1周の悲劇。トヨタがル・マン初制覇を逃した瞬間。<Number Web> photograph by TOYOTA

ファイナルラップでのアクシデントは、トヨタ陣営だけでなくライバル陣営、観客、レース関係者すべての人にル・マンの厳しさを知らしめる瞬間となった。

レース後、ポルシェ陣営から「勝者はトヨタだ」と。

 中嶋一貴は一度止まった5号車をエンジンだけでゆっくりとスタートさせ、最後の1周を走ってきたが、「最後の周は6分以内に走りきらねばならない」というルールを満たせず、結局失格になった。TS050 HYBRID#5号車の23時間57分の戦いは、こうして幕を降ろした。

 優勝はポルシェ2号車、トヨタ6号車が2位に入り、3位はアウディ8号車。後日、トヨタは5号車のトラブルの原因を「ターボチャージャーとインタークーラーを繋ぐ吸気ダクト回りの不具合」と発表した。

 レースが終了して村田久武はポルシェにモーターホームに招待された。

 建物に入ると、ポルシェのスタッフが「今日のレースの勝者は君たちトヨタだ」と強く抱きしめてきた。その瞬間、村田はレースをやっていて良かったと思った。激しい戦いを通してしか通じあえない気持ちが、村田とポルシェのスタッフの間に生まれた。村田はそのポルシェのスタッフにこう言った。

「来年は我々が招待します」

ル・マン24時間レース スペシャルコンテンツ
http://toyotagazooracing.com/jp/wec/special/2017/24h-lemans.html

『TOYOTA GAZOO Racing』
http://toyotagazooracing.com/

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

小林可夢偉
中嶋一貴
セバスチャン・ブエミ
アンソニー・デビッドソン
村田久武

モータースポーツの前後のコラム

ページトップ