スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

NBAファイナルを接戦にした超人の力。
カリー、レブロンよりもアービング! 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/06/16 17:00

NBAファイナルを接戦にした超人の力。カリー、レブロンよりもアービング!<Number Web> photograph by AFLO

アービングの美しいフェイダウェイシュート。ファイナルではレブロンより、カリーよりも目立っている。

カリーの超人的、いやアーティスト的な活躍が見たい。

 第6戦、グリーンは復帰戦とあって、かなり入れ込むのは間違いない。そこで怒り、イライラといった負の感情をマネージメント出来るかが民主化実現のための鍵となるだろう。

 超人対民主化の戦いは続くが、もうひとり眠れる超人がいる。

 ウォリアーズのステフィン・カリーだ。

 ひょっとしたら、彼のプレースタイルは超人と呼ぶにはふさわしくないかもしれない。サーカス・ショット、巧みなボール・ハンドリングを見ていると、超人というよりは「アーティスト」ではないか、と思うことさえある。

 レギュラーシーズン中、このアーティストは信じられないようなパフォーマンスを何度も見せた。

 ファイナルではまだ見せてもらっていない。

 そろそろ、アーティストの出番のような気がする。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

レブロン・ジェームズ
カイリー・アービング
ステフィン・カリー

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ