モータースポーツ解体新書BACK NUMBER

SUVで24時間レースに参戦!?
C-HR Racingがニュル24時間に挑む理由。

posted2016/05/26 13:00

 
SUVで24時間レースに参戦!?C-HR Racingがニュル24時間に挑む理由。<Number Web> photograph by TOYOTA

全トラブルを片っ端からその場で解決していくレース現場。「課題への解決方法が早く導き出せるようになった」とはチーフメカニック大阪晃弘のコメント。

text by

大串信

大串信Makoto Ogushi

PROFILE

photograph by

TOYOTA

 TOYOTA GAZOO Racingは、今年のニュルブルクリンク24時間レースで新しい挑戦に踏み切る。

 すでに発表されている参戦布陣には昨年に引き続きLEXUS RC、今年度より参戦のLEXUS RC Fの車名が並ぶが、今年はここに、TOYOTAが年内に発売を予定しているクロスオーバーSUV、TOYOTA C-HRをベース車両にしたC-HR Racingが新たに加わるのだ。スポーツカーが主体のレースに、車高の高いSUVカーが参戦するのは、極めて異例のことだ。

SUVのマシンでニュルを走るって???

 C-HR Racingを開発したトヨタ自動車株式会社MS製品企画・古場博之(コバ ヒロユキ)は、量産C-HR開発チーフエンジニアを務め、自らも競技車両のステアリングを握ってレースに参加する“変わり種”である。C-HR Racing開発の経緯について古場が説明する。

「みんなに、『あれをニュルブルクリンクに持っていくの?』と言われます。確かに、レースでの順位だけを求めるならもっと背の低いクルマを持っていくべきなんでしょうが、ヨーロッパのマーケットを主眼に開発したC-HRの性能を証明し、アピールし、さらに鍛え上げて仕上げるためには、C-HR Racingで参戦するべきだと思ったんです。

 ヨーロッパの人たちは、見通しの悪い狭い道でもうまく対向車のスペースを残して走っているのでスムーズにすれ違えます。そのためには道を見極めてきっちりと走らなければなりません。C-HRはそれができるよう、しっかりとした足回りがきちんとストロークして、正確なステアリング特性を示せるようなクルマを目指して開発しました。ニュルブルクリンク24時間レース参戦を通してその成果を証明してアピールできればと思っています」

 入社以前から、自分で開発したクルマのステアリングを自分で握ってレースに出たい、という夢を抱えていた古場は、今年のニュルブルクリンクにいよいよ自分で開発したC-HRを送り込む。

【次ページ】 レースに出れば、開発のスピードが上がる利点が。

1 2 3 NEXT

モータースポーツの前後のコラム

ページトップ