ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

プレミアで“大空翼”になった岡崎慎司。
2度目のオーバーヘッドは風邪のお陰? 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byYusuke Mimura

posted2016/03/17 10:30

プレミアで“大空翼”になった岡崎慎司。2度目のオーバーヘッドは風邪のお陰?<Number Web> photograph by Yusuke Mimura

岡崎のオーバーヘッドは、ドイツの新聞一面を独占した。ピッチをボールが左右に飛び交う間もスペースを探し続けていたことが報われた形だ。

バーディーに負けない歓声、そして笑顔。

「Shinji!」

「Okazaki!」

「岡崎さん!」

 名前の呼び方も、声をあげたファンの国籍も様々だったが、バーディーに勝るとも劣らない歓声がわきあがった。

 英国紳士にふさわしい細身のスーツに身を包んだ岡崎が、ファンのもとに歩みを進めていく。写真撮影やサインの求めに応じる。風がつよく、体感温度は氷点下に近い。それでもカメラを向けられれば笑顔を作った。

 岡崎のかたわらには2人の警備員。1人は岡崎のカバンを持っている。そしてもう1人の警備員は、万が一にも岡崎に危害を加えるファンがいないかどうか、目を光らせている……はずだった。

 でも、彼は笑顔だった。ファンと岡崎のやりとりを見ながら、警備員は笑顔を浮かべていた。

 安住の地であるマインツを捨て、戦いの場をレスターに移したのは、自身の成長のため。だから、岡崎はゴールを求める。そこにあるのは個人的な欲望にも見える。

 でも今は、自分のゴールが数えきれないほどの人たちを笑顔にできる環境がある。自分のための戦いが、他人のための戦いになる。岡崎は、幸せを運ぶストライカーとして戦っているのだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
岡崎慎司
ジェイミー・バーディー
クラウディオ・ラニエリ
レスター

海外サッカーの前後の記事

ページトップ