ラグビーPRESSBACK NUMBER

なぜ4トライを狙いに行かなかった?
サモア戦で選手が感じた真の力量差。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/10/05 11:20

なぜ4トライを狙いに行かなかった?サモア戦で選手が感じた真の力量差。<Number Web> photograph by Getty Images

試合後半に負傷退場となった山田だが、アメリカ戦出場には問題ないという。

ボーナスポイントは欲しかったが……。

 角度を変えてみると、押しに押した前半の2トライも、ひとつは数的優位を得ていたときのスクラムによるペナルティトライ。

 もうひとつは12フェイズを重ねた末にWTB山田章仁が右隅に飛び込んだもの。

 これはみごとなトライだったが、コーナーポストともつれ、タッチラインに足先が触れたかどうかをTMO(ビデオ)判定で確認した末にトライが認められたという紙一重のものだった。

 スコアボードの数字ほど、日本がすべての局面を圧倒できていたわけではない。

 そんな試合だったのに「ボーナスポイントがほしかったなあ」と思わせてしまう。それこそが、日本代表の進化の証なのかもしれない。
 

関連記事

BACK 1 2 3
リーチ マイケル
田中史朗
山田章仁
五郎丸歩
ポール・ペレス
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ