世界陸上PRESSBACK NUMBER

ボルトが自分ではなく人間と闘った。
最大のライバルに勝利したその心中。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/08/24 11:40

ボルトが自分ではなく人間と闘った。最大のライバルに勝利したその心中。<Number Web> photograph by AFLO

わずか0.01秒差でボルトが勝利を収めた。世界陸上2大会連続でボルトに敗れ銀メダルとなったガトリンは試合後、「自分が負けるとしたら、この男だ」とボルトを讃えた。

「勝ったから、OK!」

 そして何より、最後まで真剣に走ったボルトに私は感激した。

 オリンピックという場でさえ、ボルトは自分の世界で勝負をしていた。他の走者を置き去りにして、タイムと戦っていた。

 しかし今回の北京で、ボルトは人間と戦った。そして見事に、勝った。

 欧米の解説者が「ボルトのキャリアで最高のレース」と評価するのも納得できる。

 しかし、本人はいたってお気楽ムード。

「今年は本当に苦しんできたシーズンだったから、この勝利が意味するものは大きい。努力は報われるってことだね(笑)。アップ・アンド・ダウンがあったシーズンだったけど、勝ったから、OK!」

 来年のリオデジャネイロでも、主役となるのはやっぱり、ウサイン・ボルトだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ウサイン・ボルト
ジャスティン・ガトリン
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ