ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

ドルトムントと新監督の「良い感触」。
香川真司も交えスタメン争いが激化! 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/07/30 11:30

ドルトムントと新監督の「良い感触」。香川真司も交えスタメン争いが激化!<Number Web> photograph by AFLO

まさかの7位に終わり、黄金期を築いたユルゲン・クロップが退任したドルトムント。香川真司にとっても、輝きを取り戻す正念場のシーズンとなる。

香川真司はユベントス戦の後半に出場したが……。

 香川は、ユベントス戦前日の午前中に右ひざをひねって午後の練習に参加しなかったことも考慮され、ベンチからのスタート。

 それでも、後半の開始時からはトップ下の位置に入ってプレーした。ハーフタイムにトゥヘル監督からじきじきに戦術ボードを見せられながら、「ボールを受けて、前を向けるようならどんどんボールを運んで行け。ギリギリまでボールを持ち、最後の局面でシュートかパスを選択しろ」と試合に送り出された。しかし、後半から出場した各選手が必死にアピールするなかで、香川はバイタルエリア付近でトラップが乱れるシーンが目立ってしまった。

「ただ単に自分のミス。やっぱり、アピールしなきゃいけないというのがあって、最初の方はちょっと空回りする場面があった。もちろん、交代で出るのは難しい部分もありますけど、しっかりと修正したい。あと1週間、そういうところの波をなくさないといけないと思っています」

 そう試合を振り返っていた。

「僕たちは正しい方向に進んでいるね」

 今日には、オーストリアのヴォルフスベルガーACとのEL予備予選3回戦が行われる。ロイス、オーバメヤン、ギュンドガン、フンメルスあたりはスタメンに名をつらねるだろうが、それ以外は誰が起用されるかは未知数だ。もちろん、どんなフォーメーションで、どういう戦術をとるのかも……。

 それが昨シーズンのドルトムントとの違いであり、トゥヘル監督の言う「活力」も、各選手が必死にアピールすればこそ生まれるものなのだろう。

 ロイスはこう断言している。

「僕たちは正しい方向に進んでいるね」

 今はまだプレシーズン期間中だ。たかがテストマッチ、されどテストマッチ。ドルトムントにとってプレシーズン最後の練習試合となったユベントス戦は、スコアや試合結果ではないところで、チームが良い方向にむけて動き出しているというのをおぼろげながら感じさせるものとなった。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ドルトムント
香川真司
トーマス・トゥヘル

海外サッカーの前後の記事

ページトップ