モーターサイクル・レース・ダイアリーズBACK NUMBER

最後は「友達の多いヤツ」が有利!?
MotoGP後半戦、王者たちの三つ巴。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2015/07/19 10:40

最後は「友達の多いヤツ」が有利!?MotoGP後半戦、王者たちの三つ巴。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

オランダGPの表彰台は、今季2度目のチャンピオン揃い踏みとなった。近年まれにみる混戦を抜け出すのは果たしてどのライダーだろうか。

ドイツGPで見せた走りを続けられればあるいは……。

 シーズン前半戦の締めくくりとなったドイツGPでは、マルケスが圧倒的な強さで優勝した。そしてチームメイトのペドロサも手術をした腕の状態が良くなって2位でフィニッシュ。

 後半戦、ドイツGPのようにマルケスとペドロサの1、2フィニッシュが続けば、マルケスがチャンピオン争いに食い込んでくる可能性は十分にある。

 ただ、いまのところはロッシとロレンソの一騎打ちというのが現実的である。

 シーズン序盤、表彰台に立てない苦しいレースが続いたロレンソだが、ヨーロッパラウンドに入ってから4連勝達成と本来のスピードを取り戻している。

 前半戦締めくくりのドイツGPは苦手なサーキットで4位に終わったが、後半戦は得意なサーキットが続くだけに、チームメート同士の戦いは一段と白熱することになりそうだ。

「ともだちの多いヤツがチャンピオンになる」という世界。

 ロッシvs.ロレンソvs.マルケス。チャンピオン経験者たちによる三つ巴の戦いとなったが、この先はそれぞれの“因縁”がチャンピオン争いに大きく影響することは間違いない。

 すでに2度の接触でロッシとマルケスの友好関係にはヒビが入っているし、ロッシとロレンソも表面上は良好に見えるが一触即発の状況だと言われる。

 グランプリは、チャンピオン争いが厳しくなればなるほど、最後は「ともだちの多いヤツがチャンピオンになる」という世界である。

 それはつまり、タイトル争いから脱落しているライバルたちが、「あいつなら……」と思ってくれるかどうかが混戦の中での戦いやすさにつながるからだ。

 この先、マルケスがチャンピオン争いに浮上してくれば、コース上もパドックも最高に盛り上がることは間違いない。

 最高峰クラス8回目のタイトル獲得に闘志を燃やすロッシ。それを追うロレンソとマルケスも調子を取り戻してきた。

 後半戦は8月9日決勝のインディアナポリスでスタートする。残り9戦、興奮間違いなしのレースが続くことになりそうだ。

関連記事

BACK 1 2 3
ヴァレンティノ・ロッシ
ラファエル・マルケス
ホルヘ・ロレンソ

MotoGPの前後の記事

ページトップ