SCORE CARDBACK NUMBER

危機感、物足りなさ……。レスリング女王たちの葛藤。
~吉田&伊調、対照的な現在地~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/07/08 10:30

危機感、物足りなさ……。レスリング女王たちの葛藤。~吉田&伊調、対照的な現在地~<Number Web> photograph by AFLO

吉田が準決勝で対戦した向田(左)はエリートアカデミーの所属。東京五輪の期待の星だ。

 レスリング世界選手権(9月、米国)の代表選考会を兼ねた全日本選抜選手権が6月19~21日に行なわれ、女子53kg級の吉田沙保里(ALSOK)と同58kg級の伊調馨(ALSOK)が、順当に優勝を飾った。

 2人は女子レスリングが初めて正式種目となった2004年アテネ五輪を皮切りに、北京、ロンドンと3大会連続で金メダルに輝いてきた最強女王。今回の優勝で世界選手権代表入りを決めたことで、4連覇を目指すリオデジャネイロ五輪に向けて順調に歩を進めていることを内外に印象づけた格好だ。

 とはいえ、今大会での両者の戦いぶりからは、それぞれが不安を抱えている様子も窺えた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 598文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大谷翔平とプロ野球新時代。

Sports Graphic Number 881

大谷翔平とプロ野球新時代。

 

関連記事

吉田沙保里
伊調馨
向田真優
入江ななみ
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後の記事

ページトップ