SCORE CARDBACK NUMBER

M・ハービー復活にみる「スロー・リハビリ」のすすめ。
~トミー・ジョン手術後のプロセス~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2015/05/24 10:30

M・ハービー復活にみる「スロー・リハビリ」のすすめ。~トミー・ジョン手術後のプロセス~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

2012年のメジャーデビュー戦で11奪三振を記録。最速160kmの直球とスライダーを駆使する。

 約18カ月間のブランクを感じさせない復活劇だった。2013年10月に「トミー・ジョン」と呼ばれる靱帯移植手術を受けたメッツの快速右腕マット・ハービーが、鮮やかに復活した。5月8日に今季初黒星を喫するまで開幕5連勝。4月9日の復帰初戦の初回、いきなり時速97マイル(約156km)をマークするなど、手術前と変わらない、力強い投球を披露した。

 一般的に「トミー・ジョン手術」を受けた投手は、復帰まで12~14カ月を要すると言われる。だが、ハービーの場合、シーズン終了直後に手術を受けたため、'14年を完全なリハビリ期間に設定し、焦ることなく、18カ月後の今季開幕をターゲットに復帰プランを進めた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 588文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

黒田博樹とカープの伝説。

Sports Graphic Number 878

黒田博樹とカープの伝説。

 

関連記事

マット・ハービー
ジョン・ラッキー

MLBの前後の記事

ページトップ