ボクシングPRESSBACK NUMBER

村田諒太がメイウェザーに会った日。
2014年の5月1日、2015年の5月1日。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/05/12 10:50

村田諒太がメイウェザーに会った日。2014年の5月1日、2015年の5月1日。<Number Web> photograph by AFLO

踏み込んでの右一発でアタイデを仕留めた村田諒太。「少し汚いことをしても勝ちたいタイプ」と本人が語る、倒しに行くスタイルでラスベガスに殴り込みをかける。

次世代スターを探す今の時代こそが、巡り合わせ。

 日本人ボクサーにとって、ラスベガスはもはや夢の舞台ではなくなった。

 帝拳ジムの先輩である西岡利晃はラファエル・マルケスを下し、カルフォルニア州カーソンで4階級制覇のノニト・ドネアとメーンを張った。パイオニアに続けとばかりに同じジムの山中慎介、三浦隆司も、強敵と海外で戦う希望を口にしている。

 次世代のスター探しに突入する世界ボクシング界の現状、ラスベガスを現実的に捉えている日本ボクシング界の現状……。村田の言葉を借りれば、彼を取り巻く環境そのものに筆者は「めぐり合わせの運」を感じてしまう。

 アタイデとの戦いは、単なる7戦目ではなかった。ミドル級の世界ランカーを打ちのめすか、判定で勝つかでは評価がまるで違ってくる重要な一戦であった。ここ2試合、判定勝ちに終わっていて今回は眠れない日もあったというが、ここ一番で最高の輝きを放つあたりがやはり「選ばれし者」なのだろうか。

 次戦は、いよいよ米国進出が噂される。

 メイウェザーとの邂逅から1年――。

 ラスベガスまでの距離は、確実に近づいている。

関連記事

BACK 1 2 3 4
村田諒太
フロイド・メイウェザー
ダグラス・ダミアノ・アタイデ

ボクシングの前後の記事

ページトップ