SCORE CARDBACK NUMBER

アンデウソンは汚れた英雄か。相次ぐUFCの薬物汚染。
~最強の男から出た陽性反応~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2015/03/14 10:30

アンデウソンは汚れた英雄か。相次ぐUFCの薬物汚染。~最強の男から出た陽性反応~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

薬物疑惑を否定し続けているアンデウソン。陽性反応が出たのは、今回が初めてだが……。

 アンデウソン、お前もか。UFCの薬物汚染が物議を醸している。騒ぎを大きくしたのは1月31日(現地時間)のUFC183でニック・ディアスを相手に、1年1カ月ぶりの復帰戦を飾ったアンデウソン・シウバだ。

 アンデウソンといえば、'13年7月にクリス・ワイドマンから生涯初のKO負けを喫するまで、約7年間も無敗記録を更新し続けた前UFC世界ミドル級王者。肝心の試合の方は時折ブーイングが飛ぶほどの凡戦だったが、最多王座防衛回数など数々のレコードを持つアンデウソンの復帰はUFCにとって朗報だった。

 だが、ディアス戦後、試合前の薬物検査で禁止薬物であるステロイドの陽性反応が出たことが判明した。さらに試合後の検査でも陽性が出たことが発表され、アンデウソンはパウンド・フォー・パウンドでは最強と呼ばれた地位から一転して地に堕ちたヒーローになってしまった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 534文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

逆襲。~J.LEAGUE 2015~

Sports Graphic Number 873

逆襲。
~J.LEAGUE 2015~

 

関連記事

アンデウソン・シウバ
クリス・ワイドマン
ジョン・ジョーンズ
ニック・ディアス

格闘技の前後の記事

ページトップ