SCORE CARDBACK NUMBER

合同テストで王者の風格。メルセデスの“逆戦略”。
~手の内を見せなかった理由とは?~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/03/11 10:00

合同テストで王者の風格。メルセデスの“逆戦略”。~手の内を見せなかった理由とは?~<Number Web> photograph by Getty Images

昨季覇者のハミルトン(右)と2位のロズベルグ。今季も他を圧倒する力量は揺るがない。

 タイトル防衛初挑戦の王者メルセデスは、オフの合同テストで手の内を見せなかった。ラップタイムは第1回へレスで4位、第2回バルセロナは2位。タイムにこだわらず周回数で他を大きく上回った彼らのテスト戦略は、ライバルたちを驚かせた。へレス初日から実戦さながらのピット練習とスタート手順確認をし、すぐロングランに移行。「逆プログラム」と言うべきか、通常ならテスト後半のメニューをこなした。他がニューマシンとパワーユニット(PU)のシステムチェックを続け、徐々にセッティング調整に入る姿を尻目に、王者は“冬のPP”を狙いもせず余裕を感じさせた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 665文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

メルセデスAMG
ルイス・ハミルトン
ニコ・ロズベルグ
マクラーレン・ホンダ

F1の前後のコラム

ページトップ