SCORE CARDBACK NUMBER

上位陣は負け越しだらけ。初場所で活躍した力士は?
~遠藤、輝、阿武咲に感じる光明~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/02/07 10:30

上位陣は負け越しだらけ。初場所で活躍した力士は?~遠藤、輝、阿武咲に感じる光明~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

7勝7敗で迎えた千秋楽、豪栄道は寄り倒しで琴奨菊との大関対決を制し、カド番を脱出。

 両国国技館に満員御礼の垂れ幕が15日間下がるのは、実に18年ぶりのことだった。4年ぶりの天覧相撲もあり、大相撲人気も完全復活。1月初場所は稀に見る賑わいを見せたが、意外にも好成績の力士が少なかった。関脇の碧山、逸ノ城、小結の高安、栃煌山、前頭上位陣の宝富士、遠藤や勢などが総じて負け越し。それは三賞選考が難航したほどで、史上初の「三賞すべて該当者なし」となる危機だった。急遽、千秋楽にやっと勝ち越しを決めた照ノ富士に敢闘賞を受賞させ、体裁を繕った感がある。

 白鵬が33度目の賜杯を抱き、記録を塗り替えた場所となったが、「白鵬の優勝は当然。他が情けなさすぎる」と見る向きは多い。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

白鵬
鶴竜
日馬富士

相撲の前後のコラム

ページトップ