F1ピットストップBACK NUMBER

免許を持たないF1ドライバー誕生!
17歳・フェルスタッペンに議論沸騰。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/01/31 10:40

免許を持たないF1ドライバー誕生!17歳・フェルスタッペンに議論沸騰。<Number Web> photograph by Getty Images

2014年はヨーロッパF3などを戦いつつ、トロ・ロッソのテストドライバーを務め、日本GPでは1回目のフリー走行に登場し、才能の片鱗を披露した。

基準変更により、来年以降17歳デビューは不可能に。

 とはいえ、入門クラスのジュニア・フォーミュラやF3あたりのカテゴリーならまだしも、F1ドライバーにもなろうというドライバーが運転免許を持っていないということに対し、F1界の内外から風当たりは強い。

 そこで、FIAは昨年12月に行なわれた世界モータースポーツ評議会で、スーパーライセンス発給要件を見直すと発表。

 新たに定められた基準には、「有効な運転免許を所持」していることが条件として加えられただけでなく、最低でも18歳以上という年齢制限も設けられた。さらに下位カテゴリーのフォーミュラ・シリーズで、少なくとも2年の経験を求めている(フェルスタッペンの四輪レース経験は、2014年のFIAヨーロッパフォーミュラ3選手権の1年だけだった)。

 しかし、この発給要件の適用は2016年からで、今年3月にデビューするフェルスタッペンには当てはまらない。つまり、17歳のF1デビューはこれが最初で最後。FIAが今後スーパーライセンスの発給要件を変更しない限り、フェルスタッペンの史上最年少F1デビュー記録は永遠に破られないこととなる。

「操縦がうまくても、少年に命を預けてはいけない」

 今回のフェルスタッペンのF1デビューを憂いているひとりが、元チャンピオンのジャック・ビルヌーブだ。

「F3などの四輪のレースに運転免許を持たない少年たちが出ることは、なんの問題もない。でもF1は違う。チームの規模も、動いているお金も、ほかのカテゴリーに比べて何倍も大きい。単なるスポーツでなく、巨大なビジネスなんだ。

 その中に、まだ社会にも出たことがないような少年が、チームの核とも言えるドライバーとして入るべきじゃない。ドライバーはチームの命運を握っている。飛行機に譬えるなら機長だ。どんなに操縦がうまいからといって、少年に命を預けてはいけない。社会的な責任を負うだけの人格を培って、はじめてF1ドライバーになれるんだから」

【次ページ】 フェルスタッペン「僕の年齢に意見を言うのは自由」

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

マックス・フェルスタッペン
ヨス・フェルスタッペン

F1の前後のコラム

ページトップ